オンラインコースでやるべき仕組みと管理業務

オンラインコースを作るとなると様々な仕組みや業務を用意する必要があります。

目次

オンラインコースで必要な仕組み

次のステップを用意する必要があります。

①申し込みフォーム
②申し込み受付メール(自動返信メール)
③決済管理システム
④決済管理のお知らせメール(自動返信メール)
⑤講座を閲覧できるサイトや動画のURLをお知らせするメール

この点は他のブログで解説していきます。

管理者側で行う業務

管理者側では

申し込みと決済管理

申込後に決済管理を行います。その際に決済の案内を出す必要があります。銀行振込またはクレジットカードで入金できるようにしましょう。

顧客管理

顧客管理は、オンラインコースサイトのプラットフォーム(システム)を使う場合に管理が必要になってきます。

オンラインツールを使うと便利ですが、顧客管理が必要になります。

1つのアカウント(メールアドレスとパスワード)で複数のサイトを見られると便利だからです。

オンラインコースを作る時のリスト管理方法

スクロールできます
コース1コース2コース3
顧客A
顧客B
顧客C

コースと顧客を紐付けるリスト作成

リストグループの考え方です。リストグループは、コースに申し込みのあった顧客を集めたグループです。

リストグループがあると、メルマガでのお知らせなどがしやすくなります。

コースAのリストグループ

顧客A、顧客B

コースBのリストグループ

顧客A、顧客B、顧客C

コースCのリストグループ

顧客A、顧客C

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次