なぜ自分でWordPressを操作できると良いか?

目次

WordPressを操作を覚えておくとお得な理由

WordPressは世界標準のプラットホームになっています。 世界中のサイトの全ウェブサイトの42.8%と言われています。 しかも、GoogleでもWordPressを推奨しています。 WordPressは、インターネットマーケティングのWindowsのような存在で当たり前に普及しています。 今までは、ITスキルさえ操作できれば、仕事ができました。

ITスキルの3種とは

ITスキルの3種とは、こちらです。
  • Word(文章作成)
  • Excel(表作成)
  • PowerPoint(スライド作成)
仕事を誰かに頼む時、頼まれるときのことです。 最低限1つのスキルがあれば仕事を頼めます。 3つのITスキルがあれば、かなり重宝するでしょう。

WEBスキル

こちらに加えて、WEBスキルを加えたいのがWordPressです。
  • WordPress(発信スキル)
WordPressをマスターしておくと発信力が上がります。 また仕事を受ける場合や、転職時にWordPressが使えるというだけで重宝されます。

1度操作方法を覚えてしまえば、基本的には変わらない

Wordが使えれば、WordPressの文章を書ける

WordPressを難しく捉える必要はありません。 WordPressのビジュアルという画面はWordと似ています。 つまり、Wordが使えれば、WordPressの最初の一歩である文章を書くことができます。

インターネットのWEBスキルの基本概念がわかる

WordPressの操作方法をマスターしておければ、インターネットのツールを使う際に参考になります。 インターネットの発信では、以下が組み合わされています。

WordPressで使われる5つの要素

  • 題名(タイトル)
  • 本文
  • アイキャッチ(画像)
  • カテゴリー(ジャンル分け)
  • タグ(キーワード)
これらの概念は、あらゆる言葉に「置き換え」られています。 SNSやYouTube、会員サイトを作る場合も、WordPressの発信の概念が置き換わっているだけです。 操作するうちに、これは「●●」を置き換えているだけだとわかれば、操作はすぐに覚えることができます。

WordPressのタグを置き換えると

タグ付けを覚えておくと他のメディアを使う場合のイメージが湧きます。
  • インスタやTwitterでのハッシュタグ
  • YouTubeでのキーワード
  • noteであれば、タグ

WordPressのアイキャッチを置き換えると

  • インスタやTwitterでの画像
  • YouTubeでのサムネイル
  • noteであれば、見出し画像
]]>