システムはマネージメントとどのように違う?仕事に合わせた考え方とポイント

マネージメントとシステムは似たようなものに感じられるかもしれませんが、それぞれ違う役割があります。

目次

マネージメントとシステムの違い

マネージメントは機械を動かすシステムは日々のルーティン、故障時の対処法、点検方法などを用意することは、トラブルが発生した時に対処できるようにするために必要なことです。

  • マネージメント:仕組みを作ること
  • システム:その仕組みを機能、維持させるための仕組みです。

システムとは?

トラブルが発生した時に対処できるようにするために必要なことです。

  • 日々のルーティン
  • 故障時の対処法
  • 点検方法など

システムを作っていないとトラブル時にその場しのぎにしかならず、慌てて対応しないといけなくなるので、いつも時間に追われてしまいます。

自分の仕事に合わせたシステムを作る

自分の仕事に合わせたシステムを作ることで、作業効率を高めることができます。受注前にやるべきこと、受注後にやるべきこと、クレーム対応など、仕事に必要なプロセスをシンプルに整理し、無駄なやり取りを減らしましょう。完成しない商品を販売することは詐欺につながるため、ステップを踏んで商品提供することが重要です。

ここでの注意点は、左から右に流せるくらいに単純化します。顧客に商品提供する際に、無駄なやり取りをさせすぎないようにすることが重要です。ここまでのステップまで来たら、どんな商品を販売しても平気です。

マネジメントとシステムを完成しないまま商品を販売すると詐欺商品を販売しているか、顧客に詐欺って言われないだろうか?満足度は高められているだろうか?と常に怯えなくてはならなくなるのです。

]]>
目次