【キャッシュフローと決算書】資本主義では、結果重視の通知表から逃れられない。

経費が多すぎる場合 会社としては、収益規模に合わせたサイズを考える必要があります。

売上が少ない場合

売上を上げることに恐れをいただいていませんか? しかし、最初の起業家の活動は、「売って、売って、売りまくる」ことだからです。 思った以上に売上がいないなら、無駄な時間に使ってしまっているのかもしれません。 売上を作る時間に注力していきましょう。
目次

損益計算書は10分で終わる

損益計算書は2点に入力するだけの簡単作業です。

収入

・固定収入 毎月、どれくらいの固定化された収入があるのか? もしここが少なければ、あなたは常にセールスをしないといけないので大変なはずです。 ・変動収入 先月、新しく入った受注額はいくらなのか? まずは会社の維持を考えて、ここの額を大きくすることを考えましょう。

支出

・固定支出 もし、家賃の支払いや従業員の支払いが多いのであれば、ここを見直しましょう。 売上に合わない支出は本当にもったいないです。 ・変動支出 思わぬ買い物や衝動買いをしていませんか? 新しいノウハウ、システムを入れても売上は上がりません。 売り込みにあっても買わないように気をつけましょう。 不安を抱えている起業家は、セールスの格好の標的だからです。 誰もが使える収支報告テンプレートを作りました。 たった10分であなたの会社の経営状態が見えてきます。 こちらのシートをビデオ付きで解説しています。 こちらからダウンロードしてください。 ]]>

目次