提案するスライドは何種類作るべきか?プレゼン用とパンフレットの両方は必要ない!

目次

スライド資料は、セミナー資料とパンフレット資料と異なる

資料は2種類作る必要が出てきます。

  • セミナー資料
  • パンフレット資料

セミナー資料は文字の量を少なくする

セミナー資料では、「語り手」の「伝える」ことに集中するためになるべく文字の量を少なくします。

パンフレット資料は文字の量を多くする

パンフレット資料では、「語り手」がいないために「テキスト媒体」で補うために、文字の量を多くする必要があります。

2種類の資料を作ると時間が足りなくなる

ビジネスでは時間が有限です。
やるべきことを引き算で考えていく必要があります。

【結論】カタログはセミナー資料だけで良い

カタログはセミナー向けのスライド資料だけで十分です。
カタログの資料はどうするかというと、デジタルに置き換えればいいのです。

Appleが取ったデジタルカタログ戦略

Appleが2009年頃に取っていた戦略があります。
私がiMacを買うために横浜のヨドバシカメラで聞いたのですが驚愕でした。

パンフレットを作らずに、全てインターネットのサイトで見てくれという戦略です。
仕様が変わるので、インターネットで十分という戦略です。

インターネットでデジタルカタログを見られるメリット

デジタルカタログには次のメリットがあります。

  • 修正や追加が簡単
  • 印刷コストがかからない
  • 量産ができる

弊社のクライアントでデジタルカタログに変更した例

日本・ベルギー協会のホームページ

以前まではニュースレターを発行していたのですが、ホームページの仕組みを使い、パスワードを発行する仕組みを使い、メールで通知する仕組みを導入しました。
空いた労力を「イベント開催」に当てることができるようになりました。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

無料プレゼント

ブログでアクセスを稼ぐ戦略的ブログの7つのステップ

WEBマーケティング会社が毎月10万円のコンサルティング料を持ってやる施策です。

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次