差別化するには、ビジネスルールを変えて勝つ「ビジネス・ルール・チェンジ」

立ち位置がブランディングか、マーケティングかで変わってきます。自分の作ったゲームしたいと思わせたい事が大事です。無料で良質なコンテンツで、夢中になれる。没頭できる、成長できる、コミュニケーションを取れる、承認される、繋がれるなどの要素もポジショニングです。

目次

自分が作った価値ゲームのプレーヤーを増やす

世界観作りをしていきます。民意で日本人は流されやすい民族ですが、青旗の中に黄旗を立てると興味を持ってきます。マインドとしては道徳観と倫理観を高めておきましょう。

ビジネスではルールを守るとなぜ負けるのか?

ビジネスでは、勝つことが大事です。しかし、強いライバルがいたり、競合だらけの市場では、ついつい安値競争に巻き込まれます。

この記事を読むおすすめの人

  • 競合が多くて、差別化できていない
  • 価格競争に巻き込まれている
  • 技術や商品の魅力があるけど、どうすればいいか分からない

ルールを守ると負け戦になってしまうのか?

ルールを守ると負け戦になってしまいます。
なぜなら競合と同じことをやっているからです。

ルール・チェンジャーになると業界のパイオニアになれる

やるべきことは『ルール・チェンジャー』です。
ビジネスのルールを変えて自分の価値が最大化されるためのルールを作りだしていきます。

ルールチェンジのステップ

①競合やライバルを知る

どんなに強敵だと思う相手であっても、競合やライバルには弱みがあります。

ライバルが強敵すぎる場合

ライバルが強敵な場合は次のようなことがおきます。

  • 会社が大きすぎて、サポートが行き届いていない
  • 人件費や管理費がのっているので価格が高くなっている
  • 分業化されていて細やかなところに対応できない

②顧客を知る

次に顧客を知っていきます。
顧客の悩みです。
顧客の悩みや次のようなものがあります。
ライバルや競合の商品を買っても、満足出来ない場合は、永遠に商品を買い続けています。

③自分の強みを知る

次に自分の強みを知ることです。

④ルールを変える

つまり自分の土俵を作って、そこにお客さんを呼び込むということです。

そこに呼び込むことで、テーマパークに呼び込みます。

ルールチェンジを行うことでできること

  • 自社で強力な戦略ができる
  • 顧客があなたの会社の商品を宣伝してくれる
  • 価格や品質の競争に巻き込まれなくなる

もしビジネスのルールを変えて、自社の戦略を立て、ビジネスで勝ちたければ、ご相談ください。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次