<市場分析・競合分析・顧客分析の極意>「気付いていない心の声」を拾っていくこと

市場・顧客リサーチをする上で、このような質問を問いかけてみましょう。

  • 市場・顧客は何に満足してないのかのか?
  • 市場・顧客は何に不満に感じているのか?
  • 市場・顧客はなぜ買わないのか?
  • 生産者の商品・サービスはなぜ買われないのか?
  • 市場・顧客が買って失望するのはなぜ?

これらの質問は、質問を繰り返すので顧客にとって、不愉快に感じることもあります。

営業や顧客のヒアリングで相手にさとられないように聞いていきましょう。

詳しくは「スパイが使うリサーチの方法」を参考にしてみてください。

顧客のニーズの探求方法

顧客のニーズ探しのためには、以下のことを考えていきます。

あなたがビジネスをしている限り、常に考えるようにしてください。

これはあなたの顧客に対しても、競合やライバルの顧客にも起きているために、市場の問題点として考えてください。

(What)起きている問題とは何なのか?

(Why)なぜその問題が起きているのか?

(How)どのようにして上手くいっていないの?

自社の顧客から分析する方法

いろんなリサーチ方法があるのですが、

対面で質問を投げかけながらヒアリングをしていくことです。

これを3つの視点で分析をしていきます。

(What)起きている問題とは何なのか?

(How)なぜその問題が起きているのか?

(Why)どのようにして上手くいっていないの?

競合やライバルの顧客を分析する方法

競合やライバルが上手く行っているようでも、常に問題を抱えています。

商品やサービス面での不満、料金面での不満、サポート面の不満もあります。

「商品・サービスを買ったけど、問題が解消されなかった。」

これを3つの視点で分析をしていきます。

  • (What)起きている問題とは何なのか?
  • (How)なぜその問題が起きているのか?
  • (Why)どのようにして上手くいっていないの?

直接顧客に聞いて、以前にどのような類似商品や類似サービスを利用したのか?なぜその商品やサービスに不満があったのかを聞くのも効果的です。知人や友人が他のサービスを利用したことや、会社や学校、家庭などの不満を聞くことにより情報収集することも可能です。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次