相手は忙しいからすべてを読んでいない。

目次

相手がどうしてほしいから逆算する

現代社会では、情報過多の時代であり、相手の注意を引きつけるのは難しい課題です。また、相手は忙しく、すべての文章を読んでいるわけではありません。そこで、小冊子はキャッチコピー、プレゼンテーション、行動喚起の3つを上手く使い、相手の注意を引き、自社の魅力を伝えることができる貴重なツールとなります。

小冊子を制作する上で、論理的思考や言語化、図解化などの能力が必要です。また、現代社会は30秒、1分、3分の世界で生きており、スモールセンテンスの連続で構成されています。LINEやメッセンジャー、世界で短い小説など、短くまとめられた情報が多く存在する中で、相手に伝えたいことを短くまとめ、ポイントを明確に伝えることが必要です。

文章を書く際には、相手がすべてを理解したわけではないことや、文章が面白くない可能性があることを念頭に置いて、結論をまとめることが重要です。また、読み手にベネフィットを与えるようにポイントをまとめ、わかりやすく伝えることも重要です。

小冊子の制作にあたっては、pagesやkeynote、動画などのツールをマスターすることが求められます。それぞれのツールを使いこなすことで、言語化、図解化、プレゼンテーションの能力を高めることができます。小冊子はスタートで動機づけ、相手が動いてくれるように理由付け、そして最後には行動を促すゴールを示すことが大切です。

小冊子は短い文章でまとめるため、正確な表現やポイントを伝えることが求められます。ただし、短い文章であるからこそ、相手にすばやく伝えることができ、目的を達成することができます。小冊子はビジネスにおいて、相手に自社の魅力を伝えるための重要なツールとして活用することができます。

]]>