ホームページから売上を上げるには、3つの導線設計を用意する

ホームページの効果がないという声を聞きます。

こんな人にオススメの記事です

  • ホームページをリニューアルしたが効果がない
  • ホームページを何から手を付けていいか分からない
  • どんなホームページを作ればいいかを知りたい

なぜホームページが上手く行かないのか?
それは、ホームページでは、「3つの導線設計」をする必要があるからです。

目次

ホームページで行う3つの導線設計とは?

導線設計を考える必要があります。

  • 集める設計
  • 動かす設計
  • 決める設計

WEBマーケティングの戦略

①<注目を>集める

・認知させる

・興味を持ってもらう

②<教育して>動かす

・コミュニケーションを取る

・相手の興味を深堀りしていく

③<1つの行動で>決める

・メールアドレスやLINEの情報を得る

・商品を買ってもらう

このサイクルを回していくことです。

①集める設計とは?

集める設計とは、SEO対策のことです。
SEO対策をしなければ、ホームページはインターネット上で「陸の孤島」になってしまうからです。

狙ったキーワードで検索されるようにする

大手やライバル・競合が多いキーワードを狙うとなかなか上位を狙えることが難しいです。
そこで、少ないキーワードで狙っていきます。

②動かす導線設計とは?

ホームページでは、たくさんのページを見てもらって回遊してもらう必要があります。
欲しい情報が得られなければ、離脱をしていしまいます。

数ページを見て離脱するのではなく、可能な限り多くのページをたくさん見てもらうことです。
訪問者に必要な「情報」を与えることで、ホームページのサービスが必要だということを伝えていく必要があります。

③決める導線設計とは?

決める導線設計とは、ページを離脱しないように着地させることです。
多くの選択肢を用意して、1つでも選べる状況を作っておいた方が良いですね。

  1. お問い合わせをする
  2. セミナーを受講する
  3. メルマガを購読する

こちらの記事も参考にしてみてください。

お問い合わせをする」に引っかからなくても「セミナーを受講する」、そしてセミナーの受講日が合わない場合も、「メルマガを購読する」というような次の展開を用意しておくことです。

ホームページの設計では、「3つの導線設計」を作り上げる

ホームページを設計する際は、「3つの導線設計」を必ず準備しておきましょう!

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次