顧客を養成するためのDRM戦略

反応分析型マーケティング

・メルマガをする
・コミュニケーションを取る

ジェイ・エイブラハムの顧客の定義は、「これ以上、連絡してこないでください」です。これは、一度、リストを取ったり、商品を購入した人に対して、電話やメルマガ、メールなどを連絡を取りますよね。
そして顧客があなたに興味がなくなれば、メルマガ解除したり、「もう間に合っていますので、電話やメールしないでください」とあなたに伝えてきます。
それまではあなたは顧客に連絡を取り続けても良いということです。

顧客があなたに興味がなくなるタイミング

・すでに競合他社の商品を買って満足している

あなたの顧客から離れる例

・小学生向けをターゲットにした塾の場合、中学生になれば、顧客の対象からはずます。

・東京に居住の人が関西に引っ越して、エリア外になった場合など商品を買えない場合。

・Macを買って、Windowsを使わなくなった場合

・高齢者になって免許を手放して、車を保つ必要がなくなった場合

・喫煙者であったが、禁煙に成功してタバコを吸わなくなった場合

目次

顧客は浮気をする

人は新しいものに興味を持つので、競合他社の商品を買うことはよくあります。しかし、競合他社の商品に満足していない場合は、戻ってくる可能性もあります。

その間に情報提供など、連絡を取り続けていると戻ってくる可能性もあります。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次