「コンテンツとは、広告するメディアです」- ブログの価値と体系化について

「コンテンツとは、広告するメディアです」という言葉を聞いたことがありますか?この言葉の意味を理解し、その背景にある価値を考えてみましょう。

広告をするためには、多くの人が見ることができるメディアが必要です。そのため、多くの広告主は新聞、テレビ、ラジオなどの大手メディアを利用します。しかし、それらのメディアは高額な広告費が必要であり、小規模な企業や個人は広告宣伝の機会を逃してしまいます。

そこで、ブログというメディアが注目されるようになりました。ブログは、自由に記事を投稿でき、誰でも閲覧することができます。また、無料で使えるため、広告宣伝のコストも抑えることができます。ブログは企画を広めるために、必要な情報やノウハウを提供し、見込み客を集めるための「餌」として利用されます。

ブログの魅力は、自分自身の失敗や試行錯誤など、自分自身の体験を記事にすることができる点にあります。他人にとって当たり前なことでも、自分にとっては新しい発見になることがあります。また、失敗から学んだことを共有することで、読者からの信頼を得ることができます。これらの価値は、自分自身の成長につながり、読者にとっても有益な情報を提供することができます。

一方で、失敗によって得たデータを利用し、成功につなげるためには、コンサルタントなどの専門家のアドバイスが必要になります。そのため、ブログから始まり、マンツーマンのコンサルティング、グループコンサルティング、そして教材化という一連の流れで、体系的に情報を提供することが重要になります。失敗しないための情報は高額で販売されることが多く、成功するための情報を提供することで、コンテンツを有料化することもできます。

体系化には、コンセプトメイキングが必要です。積み木を組む際に考えるべきことは以下のようなものがあります。

・絶対に壊れないもの
・コストが安いもの
・壊れてもすぐに復旧できるもの
・信頼性が高いもの
・短納期でできるもの

これらの要素を考慮しながら、積み木を組んでいくことで、効率的かつ持続可能な体系化が実現できます。また、体系化にはコンセプトメイキングというプロセスが必要であり、これは積み木の設計のようなものです。つまり、まずは理想とする積み木の形を考え、その形を実現するための具体的な要素を決めていくことが必要です。

体系化は、積み木を組み上げるようなものですが、その積み木を設計するためには、コンセプトメイキングが欠かせません。そして、積み木を組み上げることで、ビジネスを効率的に運営することができます。また、体系化によって、ビジネスの成果を積み上げることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次