あなたの対応は、クレーム?それとも理想的なフォローアップ?

目次

あなたが絵を依頼するなら、どちらのタイプですか?

あなたは、絵を依頼します。

画家Aさんの対応

お客さん

絵を描いてください

画家Aさん

風景の絵を描きました。いかがでしょうか?

お客さん

犬の絵がよかったんです

画家Aさん

犬の絵がよかったんです

お客さん

犬の絵を描きました。いかがでしょうか?

画家Aさん

ブルドッグがよかったですが…

Bさんの対応

あなた:「絵を描いてください。」

Bさん:「どんな絵がよろしいでしょうか?」

あなた:「犬の絵がいいです。」

Bさん:「どんな犬の絵をがよろしいでしょうか?」

あなた:「ブルドッグです。」

Bさん:「ブルドッグには種類がありますが、どんな犬種でしょうか?」

あなた:「フレンチブルドッグです。」

Bさん:「ブルドッグには種類がありますが、どんな犬種でしょうか?」

あなた:「フレンチブルドッグです。」

Bさん:「どんな色がお好みでしょうか?」

あなた:「もぉ〜!早くとっとと描いて見せて!」

となりませんか?

H4見出しa

質問をしすぎると、アホに見える。

吉野家といえば、この三拍子が有名です。

  • 美味い
  • 早い
  • 高い

それが、ビジネスになってくるとスピードが求められます。

ビジネスでは、形にせずに思考を巡らせていくことは、時間の無駄です。
ビジネスではお金よりも時間が上位概念に置かれるからです。

高くすることが可能です。

「構え、狙え、打て!」

です。

顧客のフォローアップに応用すると

受動的アプローチだと顧客から喜ばれる

催促では、相手の穴を広げてしまう

罪障意識(自分の罪の部分に触れる)

能動的アプローチでは、顧客をイラつかせる

フォローアップにより穴を潰していく()

お困りが何かと問いかけて、能率的にアプローチすることにより、

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次