ブランディングの育て方

目次

「ブランディング」と「マーケティング」について

ブランディングは、企業や製品のイメージを固定することを目的とした手法であり、一部の綺麗な部分を切り取っていくことが一般的です。一方、マーケティングは、商品やサービスを売り出すための手段であり、人を巻き込んでファンを作ったり、夢中にさせたり、顧客に話題になるようにすることが重要です。このように、ブランディングとマーケティングは異なる手法であり、それぞれの目的に沿った戦略を取ることが必要です。

「情報のコントロール」について

現代社会において、情報のコントロールは非常に重要なテーマの一つです。特に、情報を発信する側である企業や個人にとっては、その情報の信頼性や認知度を高めるための手段が必要となります。このような目的を達成するためには、以下のような手段が有効です。

  • 象徴を作る
  • カリスマを作る
  • メンターを設定する

こうした手段は、ブランディングやマーケティングにおいて頻繁に使われます。

「疑うこと」の重要性について

一方で、マーケティングにおいては疑うことが非常に重要です。たとえば、綺麗なホームページを作っても、それが上手くはまらないこともあります。また、統計データにも嘘が含まれることがあり、印象操作が入っていることもあります。そのため、自分自身についても、20%は本当で、80%を疑うように心がけることが大切です。相手についても同様で、20%は本当で、80%を疑うことが必要です。

「視点」の重要性について

また、ブランディングやマーケティングにおいては、視点が重要になってきます。得体の知れないものに人は興味を持ちます。相手目線に立って、その人が何を求めているのかを考え、その欲求に応えることが必要です。そして、その欲求に合わせた情報を提供することができれば、相手はその情報に興味を持つようになるでしょう。

]]>