東大の入試問題はクロスワードパズル、京大の入試問題はジグソーパズル

成功法則が言語の論理構造を基にしているなら、試験の合格という成功もあります。

そして、試験の構造とはパズルの構造なんです。

パズルとは、一定のルールに従って、ピースや部品を組み合わせて、正しい形やパターンを完成させるゲームや玩具を指します。

一般的には、ジグソーパズル、スライドパズル、数独、ルービックキューブ、クロスワードパズルなどがあります。

これらのパズルは、それぞれ異なるルールや目的がありますが、すべて正しい答えを見つけることが目的です。

パズルは、脳トレや集中力アップ、問題解決能力の向上などにも役立ちます。

また、単純なルールにもかかわらず、非常に複雑で挑戦的なものもあり、様々な年齢層や興味を持つ人に愛されています。

目次

パズル脳のレベルで、人生は決定されているという不条理を受け入れよ!不条理って? 人間が抱える矛盾とは?

「不条理」という言葉は、私たちが生きる世界に存在する矛盾を表しています。

この矛盾は、人間の存在自体に深く関わっており、私たちは不条理を経験することで、自分自身や周りの世界についての理解を深めていくことができます。

不条理という言葉は、人間の矛盾を表しています。

人間は、生まれながらにして不条理を抱えています。

例えば、自分自身を理解できずに苦悩することがあったり、自分の行動に疑問を持ったりすることがあります。

また、社会や文化的な枠組みによって、不当な扱いを受けたり、偏見や差別に直面したりすることもあります。

しかし、不条理を経験することで、人間は成長し、自己理解を深めることができます。

不条理を経験することで、自分自身や周りの人々に対する理解が深まり、新しい視点や価値観を得ることができるのです。

不条理とは何か?

不条理とは、本来、筋道や法則がないことを指します。

例えば、どんなに努力しても報われない、正当な理由がなく不当に扱われる、などの状況がそれに当たります。

不条理は、理屈で説明しようがないような、人間の常識を逸脱した出来事を指します。

不条理を経験することで、私たちは自分自身や周りの世界について、新しい気づきを得ることができます。

不条理を通じて学ぶことが、実は成功することを学ぶということなのです。

不条理が生まれる理由には様々な原因がある!

不条理が生まれる理由には、いくつかの要因があります。

まず、人間の認識力に限界があるため、世界を正確に理解することができないことが挙げられます。

また、人間の思考や行動は、自己矛盾や無意識的な偏見によって歪められることがあります。

そして、社会や文化的な背景によっても、不条理が生まれることがあります。

不条理を経験することで、人間の認識力には限界があることを理解することができます。

私たちは、世界を正確に理解することはできないということを受け入れる必要があります。

また、この認識力の限界は、人間が抱える矛盾や不条理が生まれる原因でもあることを理解することが重要です。

そして、不条理を経験することで、自分自身に対する偏見や自己矛盾に気付くことができます。

私たちは、自分自身を客観的に見ることができず、無意識的な偏見や自己矛盾によって思考や行動が歪められることがあります。

不条理を経験することで、自分自身に対する新しい気づきを得ることができます。

不条理に対する学習が自己啓発や、成功哲学や、戦略思考である!

不条理を経験することで、私たちは新しい視点や価値観を得ることができます。

不条理な状況や矛盾を経験することで、既存の勢力に理解されないままに孤独に苦しむ心理状態を学習します。

また、不条理なシステムに翻弄される経験は、人間が抱える不条理や矛盾を象徴的にあぶり出して、新しい視点を与えています。

これが、あなたが新たに作り出す価値になります。

試験で学べることは、不合格と言う経験もふくめて、とてつもなく大きいことに気がつけることができれば、あなたは成功者の入り口に入ったと言えるのです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次