圧倒的な差別化をするコンテンツメイキングとは?価値を変える法則

目次

コンテンツメイキングをする上での「価値を変える法則」

いいものを作ろうとしても差別化はできない。

  • コンテンツ(メッセージ、価値哲学、思想設計)
  • プロダクト(商品・サービスやメディア)
  • マーケット(市場、人々の集まり)

コンテンツとプロダクトとマーケットの解説

コンテンツとは

コンテンツとは

中身(メッセージ、価値哲学、思想設計のことを指します)

コンテンツは、お金に交換できないものです。
コンテンツがプロダクトと違うのは、ホームページやブログやセールストークなどは売り物にはなりません。
メッセージが書いているだけで、それをお金と

ホームページやブログ

思想設計とは、製作時の優先順位です。スティーブ・ジョブズの思想設計があるからこそ、Macのフォントやユーザファーストの使いやすさが活かされています。

詐欺師はコンテツが売れるのは、プロダクト=メディアがしっかりしているからです。日本人はコンテンツとプロダクトのどちらかが甘いです。

プロダクト=メディアとは

お金に交換できるものです。

プロダクト=メディアとは

商品・サービスには、パッケージ、セールストークが含まれています。

コンテツの情報がパッケージに含まれて、プロダクト=メディアになります。

実演販売士がいるのも、コンテンツの良さを広げるものです。店内も包装パッケージもプロダクト=メディアです。

マーケットとは

マーケットとは

市場、人々の集まり

コンテンツとプロダクトとマーケットの関係

コンテンツをプロダクトに仕上げるためのパッケージになる。

コンテンツ(ダーツの矢)

プロダクト=メディア(ダーツの軌道)

マーケット(ダーツの的)

亀田の柿の種は、コンテンツです。コンテンツは情報になる。思想設計があるから、味や形が違う。

ブログもパッケージに入れると高く売れます。

ジェイ・エイブラハムのマーケティング本も1000円で売っているけど、セミナー形式になるとメディアとして、声が聞こえて、セミナー空間とセミナー参加者により、製品として売れる。

コンテンツ泥棒になってはいけない

コンテンツをコピーして改善すると思想設計が必要になる。設計思想がない場合は、パクったコンテツのツギハギになる。

コンテンツを作れると思想設計をする

思想設計をすると、コンテンツが作れるようになります。ビジネスでは自分の言語化や自分なりの解釈が必要になってきます。

データ不足だとコンテンツであるメッセージが作れない

ビジネスでは「思い込みを排除」することが重要です。
マーケットを探るには、顧客にプロダクト(商品やサービス)を提供していく中で、スモールテストを行うことが重要です。
その結果、

  • 自社(自分)が何を求められているか?
  • 自社(自分)は何が不足しているのか?

が見えてきます。

他では満足できない

プロトタイプ(試作品)を作り、それを顧客に体験してもらい、アンケートを取り分析すると、言語化が簡単になってきます。

それが出来ないと、偉い先生の言葉や流行りの理論を寄せ集めして、なんとか言語化しようとしまいますね。

コンテンツを作るには?

日々のデータの蓄積することです。

コンテンツの寄せ集め

自分を全面的に見せる

言語化が出来ない人は詐欺ビジネスに等しい。

コンテンツで勝負するのがDRM型、プロダクトで勝負するのがイメージ型

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次