商品・サービスの価値を高める戦略型コンテンツ制作の教科書

コンテンツとプロダクトの関係

コンテンツによって、プロダクト(商品・サービス)の価値が上がる

コンテンツがあればできること

・小冊子作成

・セミナー開催

・動画作成

・勉強会の開催

コンテンツを作ると何が良い?

撒き餌、商品化までできます。

・小冊子を配れる

・アフターサービスの研修を開催できる

・セミナーを開催できる

・教材として販売できる

コンテンツは、マーケティングとセールスを融合させる

・使用方法の実地研修を行うことができる

・メンテナンス方法の研修

・使用方法や活用方法のセミナー

コンテンツを作ったあとにやること

多くの人に見てもらう

●どちらが得意?

セールス型 or  マーケティング型

●コンテンツの作り方

・トップダウン型

・ボトムアップ型

勉強会を開催する

●勉強会を開催するメリット

①リサーチ

 調べる

②資料化(テキスト、スライド化)

③発表

▶質問を受ける

 反応を得られる

改善点を見つけられる

●内部から外部へ

・内部

・社内勉強会

・社内ブログ

・外部勉強会

・外部ブログ

社内勉強会で使うもの

話力と説明力を上げる

3トライアングル

購入者フォロー

①対面セールス

②セミナーセールス

スモールコミュニティ

データを集めてブラッシュアップ

広げる

6つのブラックボックス

弱みから強みのフィルターを見る

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次