動画プレゼンテーションの方法

セミナービジネスは、会場費用、労力がかかる
今、主流になっている

【動画プレゼンテーション】

【導入】

・動画プレゼンテーションって何?

・なぜ動画プレゼンはおすすめなのか?

 ・動画の効果は文字媒体の●●倍

・どのように使うの?

  ーマーケティングに使う

  ーセールスに使う

  ー顧客のフォローアップ

【参考になる動画配信者/youtuber】

・エンタメ系

・ビジネス系

・教育系

・趣味系

・癒やし(ペット)

・視聴者を巻き込むyoutuber

・延々と語るyoutuber

自分のスタイルを身につけることが大事

オリジナリティ

【あなたのカテゴリーを決めよう】

①競合分析

②市場分析

③あなたの強み

※ライバルは気にしない

【何を準備するものは?】

・準備するもの

 スマホ

 mac

 編集ソフト

iphone1台でも可能です。

編集の幅が狭まる。

●疑問を書いておく

・スマホやmacは、いいものではないとダメなの?

【動画プレゼンテーションの種類】

①ライブ型

②スライド型

③取材型

の3種類です。

①ライブ型とは、カメラに向かってマンツーマンで話しかけます。

②スライド型とは、スライドに音を吹き込みます。

③取材型とは、あなた以外の撮影者があなたを撮影します。

今回は①ライブ型と②画面型を中心にお話します。

①ライブ型のメリット

マインドを伝えたい場合

②スライド型のメリット

ノウハウを伝えたい場合

【動画の手順】

・台本

・撮影

・編集

テレビでは、

放送作家が台本を書いて、

芸能人が話し手で、

テレビ局のスタッフが編集します。

①台本とは?

 何を話すのか?

②撮影とは?

 話し手は、

③編集

 不要な動画を切ったり音楽を入れたりして盛り上げます。

【台本のポイント】

・目的のない動画は見ている側も辛い

・飽きさせない

・挨拶

・テーマ

・内容

①アクティブライティングで書く

②相手を主役にする

【撮影編】

●コツ

50%:画面

50%:音声

●撮影機材

 スマホで撮る

●話し手

 相手に伝えたい

 いつもよりテンションを上げる

  

 アクションを入れる

 ーアイコンタクト

 ージェスチャー 

【撮影番外編】▷プロっぽく撮るコツ

●距離

近すぎず離れすぎず

●三脚を固定する

●明るさやライティングを注意する

 ー部屋を明るくする

 ー

●背景を気をつける

【編集】

テンポが大事!

●不要な部分を切る

●音楽を入れる(任意)

●テロップを適度に入れる(任意)

●効果音は適度に入れる(任意)

【撮影番外編】▷

●話し手のマインド

【動画のアップロード】

・youtubeへのアップロード方法

・vimeoへのアップロード方法

【活用方法】

・youtubeのリンクを送る

・ブログに貼る

・メルマガに貼る

【上級編】

・一眼レフ

・音声を別撮りする

・かっこいいテロップを入れる

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次