ランディングページ制作の文言制作 移管

目次

ランディングページ制作の文言制作

こちらをまずこちらのシートを開いてください。

事前準備




事前準備のテンプレート

①商品名(10〜20文字)


②商品の特徴
・
・
・

③ターゲットが困っていること
・
・
・

④商品・サービスの具体的な機能
・
・
・

事前準備の事例

①商品名:リスト取りができるホームページ

②商品の特徴
・ホームページ内にオウンドメディアが入っている 
・お問い合わせ以外にもセミナーやオンライン教材やリスト取りができる 
・スモールスタートして規模が大きくなるにつれて育てることができる

③ターゲットが困っていること
・売上をアップしたい経営者
・コストをかけられないがマーケティングを強化したい企業
・100名以下の中小零細企業でIT人材がいない

④商品・サービスの具体的な機能
・サービスページがランディングページになっている 
・マーケティング最先端でのデザインで大手だと150万円かかる 
・直感的な操作でITが苦手な人でも簡単に更新できる 
・SEO対策にも優れているテンプレートを使っている
・テンプレートもアップデートされてセキュリティにも強い
・ページのレイアウトの自由度が高くて後からでも機能を追加ができる

もし書けない場合はライバルや競合や類似するホームページからコピーして、下記に貼り付けてください。

STEP
ChatGPTでNewChatを開きます。

Step2では全て同じチャット内でお願いします。

STEP
ChatGPTに入力する

次の手順で行います。

  1. メインビジュアル
  2. 問題提起
  3. 商品・サービスの特徴
  4. お客様の声・導入事例
  5. よくある質問
  6. 商品・サービスの流れ
  7. 行動喚起

ChatGPTに文章を入れていくだけです。

STEP
①メインビジュアル

メインビジュアルは最初にユーザーがたどり着く画面です。魅力的な文言があると続きを読んでくれます。

ChatGPTに以下の文言を入れていきます。

あなたは会社の敏腕マーケッターでランディングページを作成しています。
メインビジュアルのヒーローセクションを考えています。
<メモ>から「欲しくなるキャッチコピー」と「魅力的な商品名」と「商品を手に入れることでできるようになること」を5パターン書いてください。

<メモ>
事前準備の①と②のメモを貼り付けてください。
①商品名:

②商品の特徴:
・
・
・
STEP
②問題提起

問題提起は、顧客のニーズを引き出すためのパートです。5〜10個か行くと良いです。

ChatGPTに以下の文言を入れていきます。

ありがとうございます。
下記に下書きを書きました。商品を購入する前に困っているターゲットへの問題提起の内容を10個書いてください。その際に心のつぶやきを含めてくれると嬉しいです。

事前準備の③のメモを貼り付けてください。
③ターゲットが困っていること
・
・
・
STEP
③商品・サービスの特徴

商品・サービスの特徴のセクションでは、製品のもっとも得意とする機能を、強調して表現します。

ChatGPTに以下の文言を入れていきます。

ありがとうございます。
商品・サービスの具体的な機能の下書きを書きました。下記をベースに商品・サービスの特徴が魅力的になるようにタイトルと説明文を含めて10個書いてください。その際に問題に対してどのように役立つかも含めて書いてください。

事前準備の④のメモを貼り付けてください。
④商品・サービスの具体的な機能
・
・
・
STEP
④お客様の声・導入事例

お客様の口コミや導入事例は: 製品をより信頼できるものにするために、実際に製品を使っている声を一覧で見せます(なくてもOKです)

ChatGPTに以下の文言を入れていきます。

ありがとうございます。
実際に商品・サービスを利用して、その効果を実感した購入者の体験談の例を5つ書いてください。
STEP
⑤よくある質問

よくある質問は購入前の疑問点を洗い出しになり訴求力が上がります。

ChatGPTに以下の文言を入れていきます。

いいですね。ありがとうございます。
次に商品・サービスの特徴を購入する前の「よくある質問」の質問と回答の例を10個書いてください。
STEP
⑥商品・サービスの流れ

商品・サービスの流れは購入後のイメージしやすくなります。

ChatGPTに以下の文言を入れていきます。

ありがとうございます。非常に良いです。次に商品・サービスを購入した後の購入者が行う流れの例を3ステップで5パターン作成してください。
STEP
⑦行動喚起

ユーザーがページの最後に到達したときに、行動を促す部分です。

ChatGPTに以下の文言を入れていきます。

最後に行動喚起に使えるタイトルと抜粋文、ボタンの文言を5パターンを作ってください。
STEP
実際にページに反映します。

まずは考えずにページに反映して、文章をブラッシュアップしてください。

目次