ランチェスター戦略、個人は大企業にコンテンツ力で優っているのか?

大企業こそ、コンテンツを作っていないところが大半です。

そこでテレビCMやインフルエンサーに頼っています。

ちなみに東芝はコンテンツが弱いので、社員を全員営業といって、販促させている面もありますね。

一方で、個人がコンテンツを作れるようになると、3人で起業することも可能です。

 例えば、IT系の会社では、

 ・経営者

 ・マーケティング(コンテンツを作る)

 ・プログラマー

 の3人がいれば、会社を回せると言われています。

コンテンツ力を自分で作らる他人に作らせているのが、ディズニーランドです。

ディズニーランドがなぜ人気なのかというと、コンテンツを顧客に作らせています。

 顧客がSNSやブログに書いて、コンテンツを拡散してもらう。

 そのために、どのようにコンテンツ価値を高めて、顧客にばら撒いていもらうかを考えています。

 インスタ映えスポットを作ったり、インスタ映え商品を作るのはその理由です。

 ランチェスター戦略は、マクルーハンのメディア論という考え方がベースになっています。

 「メディア論」がわかれば、お持ちの疑問は解消されますね。

 機会があれば、「メディア論」の勉強会を開催したいと思います。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次