最低限のライティングスキルをマスターする方法

①最低限のライティングスキル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の型を作ることが、自分のプレゼンス(存在価値)を高めます。

おすすめは、三段論法

What 主張 何を主張したいのか?

私は「・・・」と考えます。

Why 論拠(理由) なぜそう思うのか?

なぜならば・・・・だからです。

How データ(具体例) どのようにすればいいのか?

実は、「・・・」です。

そして、「・・・」です。

さらに「・・・」です。

What 再主張 相手はどんな主張を受け取るのか?

あなたも「・・・」すると良いと思います。

CTA 行動喚起 相手は何をするべきなのか?

だから、あなたは「・・・」しましょう。

1.ブログを書いてもらう

 分類方法

 1テーマ、1メッセージ、1アクション

 魚の絵

2.共感を呼ぶ文章の書き方

 小学5年生の作文レベル

3.電話で説明する

 抽象と具体

 何もわからない人に説明する

 絵の説明

 ムンクの叫び❌

4.痛み→快楽→焦らし

5.三段論法

小学5年生の作文レベル

●第一法則

・主語と述語

●第二法則

・原因と結果

〜だから、●●だ。

〜によって、●●になる

・時系列

 春、夏、秋、冬

・手順

●第三法則

痛み→快楽→焦らし

1テーマ、1メッセージ、1アクション

→三分類

ライティングマスターのカリキュラム

①ブログとGoogleの無料のツール設定(SEOで認識されやすくなる設定)

②リサーチ方法(あらゆるリサーチ方法を試す)

・ネットのリサーチ

・アクセス解析

③ライティングの型を学ぶ

・PASCAL

・箇条書き

・箇条書き

④量を増やす書き方をマスターする

・枝葉を増やす

⑤アクセス解析をしてどのようなキーワードで検索されたかを知る

リサーチしたところからライバルをみる

⑥今後のブログの活用方法

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次