プレゼンやセールス時に相手を説得する技術のプレゼン4P理論

プレゼンやセールス時に相手がよほど興味がない限りは、大前提として、聴取側が「聴くのが面倒」、「だるい」、「つまらないと嫌だな」と思っています。

それを解消するのが

目次

プレゼン4P理論

ゴールデンサークルでもWhy→How→Whatで入ると人を説得したり理解を促しやすくなります。

  • パーパス:(Why)目的と意図
  • プロセス:(How)過程
  • プロセジュア:(What)具体的手順
  • ポイント:(WHAT)コツを掴む

①パーパス:(Why)目的と意図

まずは自分が行う目的と意図を伝えていきます。ストーリーテリングで未来予想図を語っていく。未来予想図がわからない人はこの動画を見てください。

目的

意図

ペライチ講座を話すときのパーパスの具体例

目的の具体例

この講座を受けるとあなたは次のことができるようにするためです。

  • お金をかけない
  • 5分で公開できる
  • アイデアをすぐに形にできる
  • 考えなくても操作できるようになる

意図の具体例

そのために次のことを意識して講座を受けてください。

  • とにかくに手を動かしてください
  • 分からないことがあれば質問をしてください

②プロセス:(How)大まかな過程

プロセスとは

  • テンプレートを選ぶ
  • aa

③プロセジュア:(What)具体的手順

1.テンプレートを選ぶ

④ポイント:(WHAT)コツを掴む

工夫改善できるようにと溶けることです。

まずやってみましょう。使い方はあなたが決めましょう。と伝えます。簡単に手に入るものがよいです。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次