ブランディングの育て方

情報のコントロール

象徴を作る

カリスマを作る

メンター

マーケティング思考の重要なことは疑うことからのスタートです。

綺麗なホームページを作ったのに

上手くはまらない

話題に

嘘を見破れるかどうか

自分の

20%は本当

80%を疑う

相手の

20%は本当

80%を疑う

既成事実

統計データも嘘をつきます。

印象操作が入ります。

焼印が元になっている

ブランディング

視点がかけていないか?

相手目線です。

ブランディングは

一部の綺麗な部分を切り取る

マーケティングは

マーケティングは難しいです。

・人を巻き込む

・ファンを作る

・夢中にさせる

・営業を不要にする

・人を虜にさせる

顧客に話題にさせる

さらにゴールドダスト(UGC)は

表も裏も見せる

消費者も

巻き込む

ブランディングは傷つくので‥

タイヤ丸善

欲しいを刺激する

この中でiphoneを売りつけられた方おられますか?

祭りの屋台で売りつけられたことはありますか?

売る 買われる

KPIが、KGI、

時代、場所、環境によって、人の欲求が変わる

赤色の眼鏡をかけている人の眼鏡を変える

認知を変える

好感度が上がると下げに入ります

全身ブランドもの

→マウンティングになる

断定するのが

はっきり言い切りすぎるのがブランディング

怪しい

得体の知れないものに人は興味を持つ

悪送球とか

面白い人

変な人

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次