インターネットで商売するためのネットの真三種の神器「読み・書き・そろばん」とは?

これは、読み、書き、そろばんのインターネット商売版です。

目次

①情報収集スキル

ここでの読みとはリサーチ能力能力でsう。

「知は知識なり」ということがありますよね。

この力を身につけなければ、情報弱者になり、すぐにお金を失います。

簡単な基礎的なリサーチ方法です。

●書き(ブログでのアウトプット能力)

 ★言語化の難しさを知る

 アウトプット能力

 思考=思う+考える

 なぜかと考える。

1テーマ

1メッセージ

ドラゴン桜

読解力を鍛える。

この力を知らなければ、コミュニケーションミスが起こってしまい、相手に意図が伝わらない。

私が話すのが得意だからと言う方もおられますが、本当にそうでしょうか?

コミュニケーションを取っていても、なかなか相手に理解されないことはありませんか?

実は以前の私も、一方的に話しているときは、言葉のマスターベーションと言われていました。

●そろばん(ネットで売る)

 売る体験を作る

 ★売ることの難しさをしる

 売れる流れを知る

 いくらで仕入れて、いくらで売れるのか

メルカリ→Amazonで売る

1円で売れる。

ちょい売りの感覚:チリと積もれば山となる

金金にならない。

インターネットでものを売ったことがない人が、

誰もが売れるサイトがメルカリです。

これを知らなければネットで売ることができません。

読み(リサーチ力)、書き(ブログでのアウトプット力)があっても、ネットで売ることがイメージできていない人は多いです。

実際にネットで売ると文言や写真を用意して商品登録することや、値付け、送料計算、自動返信メールの用意、梱包や発送など手間がかかりますが、理解している人は10人に3人くらいです。

メルカリはネットショップで必要な3つのスキルが養われます。

・「値付けや文言、写真を調べる」リサーチ力

・「やり取りをスムーズにしてクレームを防ぐ」コミュニケーション力

・「宛名を書いて、梱包をして商品を発送する」出荷力

今はAIがあるので簡単ですが一連の流れを理解しておかなければ、

メルカリにはいくつかの工程があります。

①商品の写真を取る

②商品の文章を考える

③値付けを決める

④商品をメルカリに掲載する

不用品でメルカリで売ってみましょう。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次