なぜブログを書くのか?オウンドメディア(ブログ)とyoutube(SNS)の違いSNSとブログの違い

ブログやSNSを活用して情報発信をすることは、ビジネスにおいても非常に重要です。しかし、ブログとSNSには決定的な違いがあります。

目次

ブログとSNSの決定的な違い

まず、ブログは作り上げると死なないメディアです。つまり、投稿した記事はずっと残り、検索エンジンから見つけられる可能性があります。一方で、SNSは投稿を辞めた瞬間に死ぬメディアといえます。つまり、SNSに投稿した情報は一時的で、投稿をやめたら注目されなくなります。

SNSのメリットとデメリット

SNSには即効性があり、短期決戦で認知を集めることができます。コミュニケーションを取ることができて投稿を連続させることにより認知させていきます。

フォロワーを囲い込んで印象操作をすることもできます。しかし、目的やターゲットを決めた上で発信しなければならず、投稿が伝えたい人とターゲットがずれていると何も残らないというデメリットがあります。

SNSのメリットSNSのデメリット
・コミュニケーションを取ることができる
・認知度を上げるのに即効性がある
・短期決戦で認知を集められる
・フォロワーを囲い込むと印象操作ができる
・投稿をやめると注目されなくなる
・目的やターゲットなど戦略を決めた上で発信する必要がある
・伝えたい人とターゲットがずれていると何も残らない

ブログのメリットとデメリット

ブログは蓄積性のメディアです。ブログは蓄積性のメディアです。

記事数が増えるにつれてアクセス数が安定してくるため、コツコツと投稿を続けることが大切です。また、ストックした記事を使い回すことができます。ただし、狙うキーワードや引き込み方など、テクニックが必要で、認知されるまでに時間がかかるというデメリットがあります。

ブログのメリットブログのデメリット
・記事数が増えてくるとアクセス数が安定する
・文章をストックしておくといろんな使い回しができる
・狙うキーワードや引き込み方などよりテクニックがいる
・認知されるまでに時間がかかる

ビジネスで行うにはSNS×ブログの両輪がおすすめです

ビジネスにおいては、SNSとブログの両方を活用することがおすすめです。一方に力を入れるよりも、両方をすることでパフォーマンスが上がっていきます。SNSとブログを組み合わせることで、連続性と蓄積性の両方を持ち合わせ、より効果的な情報発信ができるようになります。

]]>
目次