詐欺に騙されるITに強くなる方法

ホームページを作るにも、ブログアフィリエイト、プログラミングなども、本やインターネットやyoutubeで調べれば、大抵のことは自分で実践できます。

むしろ調べずに業者にお金を払って作ったり、講座や塾で学んだりすると、不必要なサービスを受けてしまったり、お金を多大に失います。

1回失敗したことで、失敗した理由を答えてくれる業者や人にお金を払うほうが効率的です。

失敗することで一連の流れを知っているため、知識があることで、騙す人を避けて、信頼できる人を選ぶことができるからです。

こんなことを思っているとIT業者に騙されやすくなりますよ。

  • ホームページがあれば売上が上がる
  • 広告をかけていれば、間違いなく結果が出る

インターネットマーケティングというのは、

インプット(投資)▶ブラックボックス(プログラム)▶アウトプット(成果)

の構成がわからない限りは、投資から成果を生み出せません。

大前研一が2007年ころに行っていたいことにこれからのビジネスパーソンに大事なものは

  • お金
  • IT
  • 英語

と言っていました。

私はこの中からITを選びました。しかも、お金がないから、本で学びまくりました。

お金がないから、自分でデザインやコーディングを独学でホームページを製作しました。

自分でできる癖があると、お金をかけずに商売ができる。

よくこんな質問を受けます。

  • 最新のパソコンを使っているんでしょ?
  • 最新のスマホを使っているんでしょ?

全て「いいえ」です。

2020年のときにスマホはiphone7 plusを使っています。Macは2017年のものを使っています。

全く商売やビジネスに支障がありません。

むしろ私が最新機種を使っていると、あなただから出来ると言われて説得力が出ないために、実証しようとしています。笑

ここでは商売とビジネスで分けています。

目次

「流れを作る」商売の段階

できるだけお金をかけずに抑えていきます。

自分の武器を磨いていく段階です。

「仕組みを作る」ビジネスの段階

商売を仕組み化するとビジネスです。ビジネスは、商売が成り立っている上に成り立つもので、出来て当たり前のことだからです。

商売の基本は、無料を使い倒すことです。無料で使えるITツールはたくさんあります。

  • ノートやFC2ブログ作成ツール
  • Wixなどの無料ホームページ作成ツール
  • youtubeなどの無料動画サイト
  • FacebookなどのSNSツール
  • ストアカなどのセミナー紹介サイト

労力をかけさえすれば、インターネットは一切無料でできます。インターネットは、皆に平等に開かれています。パソコン一台あり、インターネットに繋がるなら、場所も時間も選びません。私もお金がないところからスタートしています。

お金をかけるべきものとかけるべきではないものです。

お金をかけてはいけないもの

一過性で再現性のない方法です。

  • twitterでフォロワーを増やす方法
  • youtuberになる方法
  • インフルエンサーになる方法
  • ブログアフィリエイトで稼ぐ方法
  • FXや仮想通貨で稼ぐ方法

これらの方法は一過性でいつルールなどの規約変更があったり、流行り廃りがあるためにおすすめしない方法です。

これらはお金だけではなく費やした時間を失います。負債をへらすことにお金をかける。動くな、立ち止まる。→必要最低限のお金を知る。(動かない状況)と必要経費になります。

お金を使わないということにお金を使えると10年後も使える技術になります。

お金をかけるべきもの(10年後も使えている技術)

  • タイピングの技術
  • エクセルやWord
  • マーケティングスキル
  • ビジネス構築スキル
  • 動画編集スキルや画像編集スキル
  • 図解化スライドなどの資料作成スキル
  • コンサルティング(コーチング、メンタリング、カウンセリング)

などです。

※ちなみにコンサルティング(コーチング、メンタリング、カウンセリング)の本質は「不具合解消業」です。夢を見させるとか、売上を上げさせる、お金持ちになるのではなく、関与できるのは、「不具合の解消」です。この部分は深いテーマですので、似非や偽物まがいの人があまりにも多いので後日、別のレポートで述べます。資格や団体に騙されないようにしてください。

IT業界でぼったくりが多いのは、学ばない人が多いからです。こんな会社もあります。100万円でWEB製作をしたものの、全く使い勝手の悪いホームページを作ったなどの最初からお金をかけるのはNGです。

お金を失います。形から入る場合は失敗します。

スノーボードやジムやマラソンでもそうです。

  • 道具にお金をかける
  • 商品やサービスに申し込む

スノーボードを始める場合はレンタルで初めて十分ですし、マラソンするためにトレーニングシューズを買ったり、キャンペーンで2ヶ月無料だからという理由でジムに申し込んだりすると、結果長続きしません。

close
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元東芝エンジニア「WEBマネタイズの専門家」/ ㍿TreasureNey取締役。
時間とコストを省く、最もシンプルなWEBでの収益法をお伝えしています。東芝時代に培った開発設計業務経験から、簡単に誰でもWEBを使ったメディア制作をレクチャーします。

目次